月12万(合計576万)の奨学金を借り、月々2万5000円を返済している25歳一人暮らし社会人のリアルな生活と後悔

月12万(合計576万)の奨学金を借り、月々2万5000円を返済している25歳一人暮らし社会人のリアルな生活と後悔

こんにちは、俺バカです。

俺は理系の4年制大学を卒業し、今社会人をしています。

奨学金を全て学費にあて大学に通ったので、社会に出てから576万円の借金を返済する生活を送っています。

月12万円総額576万円の奨学金は、20年間毎月2万5000円の返済をすることになり、実際に今返済し続けています。

今回この記事ではそんな返済真っ只中のリアルな生活について書いていこうと思います。

Advertisement

毎月の収入・支出

毎月2万5000円の返済がある俺の収入・支出を紹介します。

収入

給与 25万5000円

支出

奨学金 2万5000円
家賃 6万8000円
カード(光熱費、携帯代、インターネット等) 6万5000円
食費 3万5000円
サッカーの月謝 5000円
交通費 1万
交際費 2万
雑費 1万
合計 23万8000円

趣味も問題なく満喫していて、飯も自炊はほぼしないというだらけた支出ですが無理することなく奨学金を返済できています。

だいたい月2万円ぐらいが余るようになっていて、ボーナスは全部貯金しています。旅行とかしたい時は2ヶ月ぐらい食費や交際費を抑えて月5万円が浮くようにしています。

奨学金を借りて大学に通い得たこと

今俺はWEBエンジニアをしていて、年収が残業代と住宅手当を含め450万円程で奨学金を返済するのに困らないぐらいの給与は頂いています。(もっと稼げるように頑張るけどね)

奨学金を借りて大学に行き、プログラミングを身につけられたのは良かったです。

何も身につけず、大学に通っていたら多分今相当苦しんでたんじゃないかな。

あと中学高校とは違い、近い目標を持った友達が出来るのでそういった関係は価値があるのかなと思います。

奨学金は未来の自分への投資

大学に通うのって、将来いい企業に勤めたいとか技術を見つけたいとか、高い年収を得たいという事に最終的には繋がると思うんです。

しっかりとした目的を持ち、充実した大学生活を送る事ができれば自分が利回りの良い投資物件になるとおもいます笑

奨学金で大学に通い後悔した事

俺は今WEBエンジニアをしていますが、別にWEBエンジニアって大学に通わなくてもなれるし、今使っている実践的な技術はインターンで得た事が多くて本当に500万円も奨学金借りて大学に行く必要あったかな?とはおもいます。

学歴得ることとエンジニアになることを目的にするのなら、通信制や夜間の学費の安い大学に通いながらWEB会社などでインターンをするのが一番コスパがいいのかなと思います。

今大学進学してエンジニアになろうとしている人は上記のやり方をおすすめします。時を戻せるなら俺は絶対そうします笑

Advertisement

最後に

奨学金を借りようとしている人へ

絶対返さないといけないお金。本当によく考えて、出来るだけ借りなくて済むようにしよう。

奨学金を返済している人へ

頑張ろうぜー、あと山本太郎に投票だー。