「々」の読み方、文字の入力変換の方法【地味に為になる】

「々」の読み方、文字の入力変換の方法【地味に為になる】

こんにちは、俺バカです。

この前「肉々しい」という表現がしたい時がありました。

普通に肉々しいと打つと「肉肉しい」となってしまい、「々」が出てこないんですね。「々」をどうしても打ちたいのだが、読み方がわからない!!ということで調べましたのでご紹介いたします。

ちなみにその時は「憎々しい」と打って「々」以外の文字を削除して「肉々しい」と打ち込みました笑

Advertisement

「々」の読み方

「々」というのは文字表記でしかなく、ただの記号なので読み方はありません!何かの字と連続して使う記号なので、単体での読み方もありません。

ただし、出版業界などの文字書きの業界では「ノマ字」と呼んでいるようですね。「々」がノとマがくっついて見えるからというのが由来だそうです。

「々」の入力方法

「々」を含む言葉を打つ

多分多くの人がやるだろうという方法です。「佐々木」「清々しい」などと「々」が入る言葉を打った後に「々」以外を削除するという方法です。

いやいや、そんなの知りにこの記事にアクセスしたわけじゃないんだよと、思っていると思います。

実は「々」を出す入力方法があります!

「おなじ」と打つ

みなさんお手持ちの端末で「おなじ」と打って変換してみてください。「々」ってでますよね!!

求めてたのこれっす!!!

ちなみに、端末にもよりますが「くりかえし」「ノマ」などでも出てきます。

ということで、これを知ったあなたはもう「佐々木」とか「清々しい」とか打たずにスマートに「々」が書けますね。

では。