意識高い系を嘲笑う風潮は自分で自分の首を絞めていくのと一緒。嘲笑って自分が得することは絶対にない

意識高い系を嘲笑う風潮は自分で自分の首を絞めていくのと一緒。嘲笑って自分が得することは絶対にない

こんにちは、俺バカです。

意識高い系の人、自分の周りにいますでしょうか?

そもそも意識高い系とはなんでしょう。

以下、Wikipediaからの引用です。

意識高い系(いしきたかいけい)とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、
前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。
大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。
「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。
嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。

意識高い系 – Wikipedia

どうですか?周りにそんな方いたりしませんか?

意識高い系は結構バカにされたりすることが多いのですが、今回この記事では意識高い系を叩く風潮について記事にしてみました。

Advertisement

才能が生かされず終わっていく

意識高い系の人たちは自己顕示欲が強いため、人から評価されるために様々な行動を自発的に行います。ボランティアだとか起業家・フリーランスっぽい行動だとか。

この目についてしまう行動には少なくとも、こうなりたい、ああなりたいという目標があるので活動しているわけです。

少なくとも、意識高い系を嘲笑って何も行動しない人たちより素晴らしいと思います。

しかし今のインターネットの雰囲気として、目につく気に入らないと思われてしまう行動をしている人たちが叩かれやすい風潮にあると思います。

本当に行動力のある人間はこのような風潮にも負けず成功していくのだと思いますが、才能が生かされにくいような雰囲気が出来上がってしまっていてチャンスを見逃している人が多いのも事実かと思います。

本当にもったいないです。

足を引っ張りあって自分もダメになる

意識高い系をバカにする風潮は自分にも何かしたい事ができた場合に一歩が踏み出しにくくなると思います。

人を嘲笑えば嘲笑うほど、世の中が行動を起こしづらい雰囲気になるんじゃないかな。

YouTuberいいなーなんて言っている人って結構いたりしますが、中々行動に出ないですよね。他人からバカにされる事が怖かったりするのも要因かなと思います。

人間だし気に入らない事があれば何か言いたくなってしまう気持ちもあると思いますが、心の中に留めて応援するべきだと思います。人をバカにする時は心の中ですれば良いです笑

そんなこともできない人はずーっと暇だし、何もできず時間だけが過ぎていきますよ。

Advertisement

 

まとめ

・意識高い系は確かにちょっとイタいと感じるかもしれないけど応援しよう

・マジで嫌なら黙って心の中でバカにしよう

・人をバカにして、自分が得することはまずない

Advertisement